プロスノーボーダー 穴井一光

メインビジュアル

プロフィール

穴井 一光
IKKOU ANAI

所属:株式会社玉越

PSA ASIAプロスノーボーダー
2012〜2016 五輪強化指定選手(ハーフパイプ)

生年月日1997.12.17
出身地大阪府
身長・体重173cm・63kg
血液型A型

スポンサー

平昌五輪の有力候補として注目されるプロスノーボーダー・穴井一光は、スノーボードハーフパイプ競技が初めて正式種目となった長野五輪の前年の1997年に生まれた。スノーボードと出会ったのは3歳の頃。両親と遊びに行ったゲレンデで、スノーボードをしている人たちの姿を見て「かっこいい」と憧れた。

小学校3年の時、通っていたスキー場でJSBA の地区予選があり、出場することに。「全く練習をしていなかったので、負けてしまって。それが悔しくて、本気で競技を始めました」

それからは毎週末大阪から岐阜のスキー場に通い、スノーボードに打ち込んだ。小学6年生でPSA ASIAのプロ資格を取得すると、若くして国内だけでなく世界の舞台に参戦。中学3年生で日本代表のジュニアチームメンバーに選出され、トルコ・エルズルムで行われたジュニア世界選手権大会で優勝を飾るなど、頭角を現していく。

穴井の活躍の陰には、家族をはじめ、支えてくれる人たちの存在がある。「冬場は父と一緒に一週間車中泊をしてゲレンデに籠ったり。父は平日仕事があるので、僕と弟をスキー場に置いていって、一週間後に迎えにくるということもありましたね」

高校を卒業後は、株式会社玉越に入社。同じゲレンデでスノーボードを楽しむ仲間であり、8歳から穴井を知る社長の髙木は「ご両親が、彼を成長させたいととても熱心だった。スポーツ選手を社員として迎え入れることで、社内に新しい風が吹けばいいと考えた」と両親の熱い思いが入社の大きなきっかけになったと話す。

さらに2016-2017シーズンからは、“理論派のコーチ”が加わり、悪癖の改善とエアの高さという課題に取り組む。強力なバックアップ体制が整った穴井は「これから先は、もっとスノーボードを楽しんでいる予感がする」と目を輝かせる。「目標は五輪に出場し、メダルを穫ること。そして魅せるスノーボードをできる選手になること」。支えてくれる多くの人の期待を背に、高く、美しく舞うことを誓う。


One of the athletes expected to perform at the 2018 Winter Olympics in PyeongChang is pro snowboarder Ikkou Anai. He was born in 1997, the year before the halfpipe became an official Olympic event at the Nagano Olympics, and first encountered snowboarding at the age of three. His parents took him to a ski ground where he was captivated by the "cool" snowboarders.

In his 3rd year of elementary school, Anai entered JSBA (Japan Snowboarding Association) regional qualifiers that were held at his regular ski area. “I didn't practice at all, and I lost. I was really frustrated, and that's when I began to take snowboarding seriously."

After that, he started to travel every weekend from Osaka to the ski ground in Gifu to work on his snowboarding skills. In his 6th year of elementary school he earned his PSA ASIA pro qualifications, and the young Anai began competing not just in Japan, but overseas, too. He continued to develop, with selection to the Japanese junior team in his 3rd year of junior high school and a victory at the Junior World Championships in Erzurum, Turkey.

Behind Anai's success are his family and the other people who have supported him. "At the ski slope during winter, sometimes my Dad camped out in the car with me for a week. He usually had work on weekdays, so other times he would drive me and my younger brother out to the ski slope, leave us there, then pick us up a week later.”

Anai joined Tamakoshi after graduating from high school. Tamakoshi C.E.O Mr Takagi skied at the same ski resort, and has known Anai since he was eight. "His parents were very passionate about helping him grow. My idea was that by hiring an athlete as an employee, it would bring a new impetus into the company." That, and the dedication of his parents, were the key factors in his hiring.

Starting in the 2016/2017 season, Anai has added a "Theoretical coach" to fix his bad habits and work on increasing height during air time. Supported by a strong backup teams, Anai says, "I've got a feeling I'm going to enjoy snowboarding even more in the future. My goal is to appear in the Olympic Games and winning a medal. And to be a snowboarder who can amaze people with my performances." with the spakle in his eyes.

Anai promises to fly higher, more beautifully, and live up to the expectations of all his supporters.

経歴・受賞歴

  • 2010年
    PSA ASIA プロ資格取得
  • 2012年
    ナショナルチーム ハーフパイプジュニアB指定選手に選出
  • 2013年
    スノーボードジュニア世界選手権大会 ハーフパイプ(19歳以下) 優勝
    ナショナルチーム ハーフパイプジュニアA指定選手に選出
  • 2014年
    BURTON EUROPEAN OPEN 予選4位 決勝6位
  • 2015年
    JOCジュニアオリンピック 優勝

  • 2010
    Obtains PSA ASIA pro qualifications
  • 2012
    Selected for the national team, B-certified Halfpipe Junior Athlete
  • 2013
    Winner, Snowboard Junior World Championships Halfpipe Event (Under 20s)
    Selected for the national team, A-certified Halfpipe Junior Athlete
  • 2014
    4th in qualifying, 6th in the finals of the Burton European Open
  • 2015
    Winner, JOC Junior Olympics

ファンクラブ

[ 穴井一光後援会 ]

あなたもスノーボードハーフパイプ競技で2018年、韓国平昌(ピョンチャン)オリンピック出場と、
メダル獲得を目指している穴井一光を一緒に応援しませんか?

2013年トルコエルズルムで行われたスノーボードハーフパイプ世界ジュニア選手権大会(19歳以下)で優勝。
ジュニア世界一になり、その後WORLD SNOWBOARD TOURに参戦、活躍中。

現在、世界基準のハーフパイプが国内に無く、海外遠征をし雪上トレーニングをしなければなりません。
その為の遠征費が高額で選手家族がトレーニング遠征費、大会遠征費を負担するのに限界がきています。

穴井一光がトレーニングに集中でき、世界の大会で最高の演技ができるための
環境作りを目的とし穴井一光後援会を設立します。

穴井一光 OFFICIAL SNS

×
  • TOP
  • >
  • プロスノーボーダー 穴井一光
  玉越採用担当facebook マスク・ド・タマコシ 穴井一光選手オフィシャルページ タマちゃん学園